自分で看護師の転職情報を集めるメリットとデメリット

看護師の転職情報を集める方法は大きく分けて、2つになります。

一つは、自分で直接応募の情報を集めるという方法で、もう一つは、誰か他の人に情報を集めてもらうという方法です。

ここでは自分で情報集めをする具体的な方法と、そのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

どこから情報を集めるかと言いますと、求人雑誌がまず挙げられるでしょう。

フリーペーパーのものもあれば、数百円で本屋に売っているものもあります。

また新聞の求人欄を見るという方法もあります。

さらにもし、転職したい病院が決まっているならば、そこの病院に張り紙がしていないか確認しに行くこともできます。

そして今、とても便利なのはネット上で求人情報を探すという方法です。

これは求人雑誌のネット版と言えるでしょう。

自分の希望する区域や雇用形態など、いくつかの条件を入力すると、それに該当する情報が提示されます。

例えば[岡山での看護師の転職の場合]はこんな感じです。

以上が自分で転職情報を集めるという方法ですが、これらの方法のメリットは何でしょうか。

まず時間が短縮できるという点があります。

もし誰か他の人に情報を集めてもらうとなると、第三者がいつも関係してくるので、時間という点でロスが出てくる場合があります。

しかし自分で探すなら、直接病院側とすぐにコンタクトを取り、交渉することが出来るので、短期間で入職できる可能性が高いです。

ではデメリットは何でしょうか。

すべて自分で転職活動をしなくてはいけないので、面倒であること、また転職先の情報量が限られてくるという点が挙げられます。

このように、自分で看護師の転職情報を集めることにはメリットとデメリットがありますから、比較考慮してするようにお勧めしたいと思います。